MENU

豊胸手術へ向けて

私がずっと前から抱えているコンプレックスは胸が小さいということです。早い子なんかであれば小学校の上級生ぐらいから、遅い子でも中学校ぐらいから、女性は胸が膨らみ始めます。私も中学校ぐらいから「おっぱいが大きくなるのかな」と期待しはじめたのですが、なかなかそういった傾向が見られず、気づいた頃には3年間全く変わることがなく、高校生になって自分が貧乳なんだと気づきました。それから社会人になった今でも全く胸は出ていません。Aカップすらないんじゃないかと思うぐらいのまな板具合です。バストアップに関することは散々やってきましたが、全く効果がありません。お付き合いした男性からも毎回驚かれます。今の彼氏は幼児体系な所が好きという性癖のようで、うまくいっていますが、やはり自分としては気に入りません。女性らしくありたいと思っています。私はこれだけ悩んでいますが、この数年間、いつも馬鹿にされることがあり、それ自体も非常に不愉快です。これはある意味、障碍者と同じだと思っています。彼氏がいる分、なんとか精神面は大丈夫ですが、もし今の彼氏と別れたら、豊胸手術をしようかと思っています。きっと、そしたら全く違う光景が見えるんじゃないかと考えています。

 

憧れのCカップ

 

女性である以上
豊かなバストは永遠の憧れです。
単に大きさではなく
張りのあるぷるんとしたバストになりたいと
願う心と裏腹に
わたしの胸はペッタンコ。俗に言う貧乳というやつです。

 

鶏肉を食べるといいとか
彼氏に揉んでもらうのがいいとか
数々のバストアップ体操もあらゆることを試してみましたが
まったく効果はありませんでした。

 

ある日友達に誘われて
温泉旅行に行きました。
バスに乗って3時間くらい行ったところの山中の温泉です。
わたしたちは旅館についてすぐ
露天風呂にいきました。

 

山の緑をうっとり眺めながら温泉に入って
気持ちいいねぇと話していると
ひとりの女性が入ってきました。
年は40歳くらいです。

 

わたしはコンプレックスがあるため
つい人の胸をすぐ見てしまう癖があるのですが
彼女のバストはほんとうに綺麗でした。

 

けして大きいわけではなく
どちらかというと小さめだし
年齢的にパーンと張ってるわけでもなかったのですが
小ぶりのほわっとしたお椀のような
かわいらしいおっぱいで
失礼だと思いつつも見とれてしまいました。

 

見ていて気づいたのが
その方のしぐさが全体的に丁寧だということです。蛇口の締め方や桶の置き方が優雅でした。

 

バストアップとは直接関係のないようなこういう行動ですが
貧乳でもしぐさが美しければ
人として素敵になれることに
そのとき気がつきました。

 

その旅行以来わたしは
日々の行動を丁寧に
女性らしいしぐさですることを心がけました。

 

胸が大きくなったわけではありませんが
まわりにいる人にしぐさを褒められたりするようになりました。

 

単に胸だけ大きくするより
大事なことに気づけた気がします。

 

でもまだ諦めず
これからも鶏肉を食べ続けたいとも思います。

 

 

胸を大きくする方法|サプリから生活習慣の見直しまとめ